FC2ブログ

プロフィール

なま・けもの

Author:なま・けもの
変な時間に放送する映画を
好んで見ます。
読書もしますが、
偏った読み方です。
デジカメもPCも、初心者。
手作りすることは、
何でも興味あり。
ただ自分の作品を
作る時間はあまり無いです。
愛車は、無印良品の
H型フレーム自転車。
相当な悪天候でない限り、
乗っています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
11月28日~12月29日分
まず、
見た映画が少ない。
しかも洋画より邦画を見てる。
珍しいかもしれない。

まずは「洋画」から。

◎「父、帰る」(2003)
何か有名な賞を受賞した作品というのは
私には理解が難しい物が多い気がする。
この作品も、その1本に含まれる。
透明感のある青に、くすんだ灰色を
混ぜた様な景色が綺麗で。
弟の心理は感情移入し易かったが、
あとの登場人物の事はよく分からない。
謎が謎のまま、終わる感じの映画。

◎「カーズ」(2006)
見たかったビートルが、虫のまま
登場するシーン。
人間が存在しない「車だけの世界」
という設定も面白かった。

◎「リーピング」(2007)
ブラック・ダリアを見た時も感じたが…
美人を隠していたのか?ヒラリー・スワンク。
それも相当の「腰骨美人」であった!
この作品での衣装が、ヒップハングの
ジーンズだったからかも。
作品の内容に関しては…特に。
ああ、やっぱりといった感じ。


ここから「邦画」。

◎「武士の一分」(2006)
藤沢周平の原作なら、と見てみた。
「隠し剣 鬼の爪」も悪くなかったが
個人的には「たそがれ清兵衛」が
一番好きかもしれない。

◎「マリと子犬の物語」(2007)
この映画も見たくて見たのに…
小さな大女優には、泣かされたが。
何故かラストが肩透かし気味で、
あっけない終わり方に唖然。

◎「そのときは彼によろしく」(2007)
うん…良いね!の理由は簡単。
レイトバスが全編に渡って出ていたから。
「ザ・マジックアワー」でアーリーバスが
活躍していたのに同じく♪
最近のCMは、VWのバスが多く見られて
それだけで嬉しい!
譏
◎「砂時計」(2008)
いきものがかりの曲は、伸びやかで
良かったんだけれども。
映画の内容が、今の私には重過ぎた。
また違う時期に見たら、別の感想を
抱くかもしれない???

2009年の映画総括は、年越しに!

皆様、良いお年をお迎え下さい。
本年もお付き合い下さって、
有り難う御座いました。

※2010年元旦、追記。
あんまり慌てて、この月の洋画・邦画を
書き漏らしてしまったので。

洋画は「カーズ」。
邦画は「そのときは彼によろしく」。
どちらも「車つながり」の選択♪

blogram投票ボタン



【2009/12/31 14:55】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<09年、映画総括! | ホーム | 年末の2冊。>>
コメント
なまさん。おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。(^-^)

藤沢周平さんの本は、けっこうまとめ読みしました。
どれもしみじみとした、いい読後感がありますね。

 ↑ 3本の映画もなかなか見ごたえありましたね。
映像化されたもので一番好きなのは、
内野聖陽 さん主演の「蝉しぐれ」(NHK)かな。

今年はどんな映画が上映されるでしょう。。。
とりあえず堺 雅人さん主演の「ゴールデンスランバー」が楽しみです♪
【2010/01/03 10:33】 URL | みのり #-[ 編集]
★みのりさん、今日は!

> なまさん。おめでとうございます。
> 今年もよろしくお願いします。(^-^)
喪中にて、新年のご挨拶を差し控えさせて
頂きますけれども。
引き続き、お付き合いをお願い致します。

> 藤沢周平さんの本は、けっこうまとめ読みしました。
> どれもしみじみとした、いい読後感がありますね。
まとめ読み…羨ましいです。
図書館へ行けば、ありそうですね。
年末に、のらさんから本を沢山送って頂いて
現在未読本が10冊以上積んであります。

>  ↑ 3本の映画もなかなか見ごたえありましたね。
「隠し剣…」は、一瞬の技が炸裂する場面が
凄く静かでありながら、気がこもっていて。
あの場面が特に、好きです。

> 映像化されたもので一番好きなのは、
> 内野聖陽 さん主演の「蝉しぐれ」(NHK)かな。
これ、未見なんですよ…みのりさんのオススメなら
是非見たかったですね。

> 今年はどんな映画が上映されるでしょう。。。
私は取り合えず、ジョニデを追います!
ヒュー・ジャックマンの作品は今のところ、
残念ながら無さそうな気配なので。
「Dr.パルナサスの鏡」と「アリス…」を
一応、見る予定にしています。

> とりあえず堺 雅人さん主演の「ゴールデンスランバー」が楽しみです♪
あ、予告は見ました!これ、面白そうですよね。
みのりさんも、のらさんも見に行くかもと予想し
お2人の感想を今から楽しみに待っています♪
【2010/01/03 11:38】 URL | なま・けもの #-[ 編集]
なまさん、本年もよろしくお願いします!

私も山田洋次の「藤沢もの」では、「たそがれ清兵衛」が一番
好きです。とはいえ、三作品とも、「ひと一人を斬る」ということ
がいかに尋常ならざることかを描こうという気迫を感じ、圧倒さ
れます。
チャンバラの面白さを否定するつもりはありませんが、人の死を
真正面から受け止めようとする作品も、バランスをとる意味で必要
だと思います。

藤沢周平の作品は短編とエッセイしか読んでいないのですが、
織田信長をもてはやす風潮に違和感を表明したエッセイがあり、
深く深くうなずいた覚えがあります。
【2010/01/09 22:10】 URL | やしろ #-[ 編集]
★やしろさん、今日は!

> なまさん、本年もよろしくお願いします!
こちらこそ引き続き、お付き合いをお願いします。

> 私も山田洋次の「藤沢もの」では、「たそがれ清兵衛」が一番
> 好きです。とはいえ、三作品とも、「ひと一人を斬る」ということ
> がいかに尋常ならざることかを描こうという気迫を感じ、圧倒さ
> れます。
おお、そうでしたか!
同じ映画がお好きな方が見つかって嬉しいです。

> チャンバラの面白さを否定するつもりはありませんが、人の死を
> 真正面から受け止めようとする作品も、バランスをとる意味で必要
> だと思います。
映像として見た目のカッコ良さを追求してる部分もね。
まぁ確かに、ありそうですよね。

> 藤沢周平の作品は短編とエッセイしか読んでいないのですが、
> 織田信長をもてはやす風潮に違和感を表明したエッセイがあり、
> 深く深くうなずいた覚えがあります。
そういう作品があるんですね、知りませんでした。
機会があれば読んでみたいです!
私が「たそがれ…」が好きな理由は、原作本も読んでみて
さらに好きになったと言った方が正確かもしれません。
あの短編集では、どの主人公も普段はとっても頼りなげで
ボンヤリしていて大丈夫かなと思われがちなんですが。
実はそれぞれに、凄い実力を隠し持っていて。
でも普段はその力をひけらかしたりはしないという、
こういう部分に惚れ込んでしまったのでした!
【2010/01/10 16:05】 URL | なま・けもの #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nk4411.blog47.fc2.com/tb.php/103-f426df67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。