プロフィール

なま・けもの

Author:なま・けもの
変な時間に放送する映画を
好んで見ます。
読書もしますが、
偏った読み方です。
デジカメもPCも、初心者。
手作りすることは、
何でも興味あり。
ただ自分の作品を
作る時間はあまり無いです。
愛車は、無印良品の
H型フレーム自転車。
相当な悪天候でない限り、
乗っています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
卯月末までの4冊。
流石に
2ヶ月も放置しておけば、
何とか冊数は稼げた訳で。

一応は、格好がつく程度の感想は
書けそうである。

5冊読んだ中の4冊を。

◎「かの子繚乱」瀬戸内晴美
厚みは、京極本と比べれば薄いのだが
一向に読み進まない珍しい本で…
かと言ってつまらない本でもない。
爆発芸術家の岡本太郎さんの母上が
作家をされていたなんてのは、
全然知らない上で読み始めて。
知ってる地名、いや正しくは自分が
通っていた地名が出てきて懐かしく、
意外な部分での発見が面白かった。
家族に翻弄される人生を送られていた
太郎さん、そりゃ爆発もしたくなる訳だ
と考えてみたりした。
彼の作風の奇抜な荒々しさみたいなのは、
母上ゆずりなのかもとか思ったり。
不思議な情熱溢れる家族愛とか、
自分と共通するものは無さそうなのに、
何故か惹かれる部分もあった。

◎「名短篇、ここにあり」北村薫・宮部みゆき編
こういう本は、好き。
正月の福袋みたいな、お得感があって。
何が入ってるかは、読むまで分からない楽しさ。
名前は知ってても、読む機会が無かった12の
作家の作品をまとめて読めて大満足。
「半村良・黒井千次・小松左京・城山三郎・
吉村昭・吉行淳之助・山口瞳・多岐川恭・
戸板康二・松本清張・井上靖・円地文子」
こういうものの中から、自分に合う作家を
見つけるのもまた面白い。

◎「侍はこわい」司馬遼太郎
硬派な文章、実に男性的な。
読者に媚びる事も無い。
司馬遼太郎の本は初めて読んだ。
著者の性格が、文章に表れるのだろうか?
男性読者が多そうなのも、何となく
分かる気がする。

◎「天保悪党伝」藤沢周平
藤沢周平=良い人が出て来る本を書く人
というイメージだったので。
どんな悪党が出て来るのかと思ったら、
悪党には違いないんだが、憎めない人柄
なのが、この著者の持ち味なのかも。

さて余談をここで、ちょっと。

映画の方で書いた「山桜」は上記の
藤沢周平の原作。
「ココニイルコト」の原作は…
たまたま今読んでいる最中の、
「東京大学応援部物語」最相葉月の
原作?原案なんだとか。

こんな偶然が重なると、面白いだけでなく
何となく嬉しい。

blogram投票ボタン



【2010/04/26 13:15】 | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<4月28日~5月28日分 | ホーム | 2月28日~4月27日分>>
コメント
お得感ありますね~ああいう短編集。
私も「へぇこんなのあったんだ!」と本屋で
つい手に取ったのが「名短篇ここにあり」でした。

「かのこ繚乱」は去年のちょうど今頃読んだよう
に思いますが、確かにスイスイ読む本では
なかったですかね。

岡本かの子・太郎親子のことは昔から
気になっていたので、興味深く読みました。

ちなみに「ココニイルコト」はスガシカオさんの
同タイトルの曲に惹かれて映画をレンタルしたの
ですが、堺雅人ファンになったきっかけの作品
でもあります♪
【2010/04/27 00:35】 URL | のら #9rjWiv8.[ 編集]
★のらさん、早速有り難う御座います。

> お得感ありますね~ああいう短編集。
> 私も「へぇこんなのあったんだ!」と本屋で
> つい手に取ったのが「名短篇ここにあり」でした。
編者のセンスも問われる部分も多いと思いますが、
読み応えのある1冊だったですね。

> 「かのこ繚乱」は去年のちょうど今頃読んだよう
> に思いますが、確かにスイスイ読む本では
> なかったですかね。
> 岡本かの子・太郎親子のことは昔から
> 気になっていたので、興味深く読みました。
こういう日々の上に、ああいう類稀なる
芸術家が育まれるんだなぁと。
色々と考えながら、読みました。

> ちなみに「ココニイルコト」はスガシカオさんの
> 同タイトルの曲に惹かれて映画をレンタルしたの
> ですが、堺雅人ファンになったきっかけの作品
> でもあります♪
あ、そうだったんですね!
あの映画を見ると、大阪に行ってみたくなります。
【2010/04/27 10:08】 URL | なま・けもの #-[ 編集]
「かの子繚乱」は、若い頃に読んだ記憶があります。
あいにく中身の記憶はないですが。(笑)

藤沢周平さんは大好きで、たくさん読みましたが、
これはどうだったかなー。
又チェックしてみます。(^-^)

今、近藤史恵さんに、わりとはまっています♪
【2010/04/27 19:30】 URL | みのり #-[ 編集]
★みのりさん、今日は!
2ヶ月って長い様で、割と短かったですね。
ボンヤリしてたら、時間だけは進んでしまいました。

> 「かの子繚乱」は、若い頃に読んだ記憶があります。
> あいにく中身の記憶はないですが。(笑)
私の読書お友達の中にも、この本を読んだ事が
ありますって方…結構いらっしゃいました。
岡本かの子さんの事を皆さんご存知だったんですね、
知らなかったのは私だけかも???

> 藤沢周平さんは大好きで、たくさん読みましたが、
> これはどうだったかなー。
> 又チェックしてみます。(^-^)
悪党なのに、飄々として憎めない…
そんなキャラクターばかりが登場する本でした。

> 今、近藤史恵さんに、わりとはまっています♪
呟かれていましたよね、twitterで。
その方は読んだ事が無いので、また色々
詳細など教えて下さいね!
【2010/04/28 11:09】 URL | なま・けもの #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nk4411.blog47.fc2.com/tb.php/111-f32693aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。