FC2ブログ

プロフィール

なま・けもの

Author:なま・けもの
変な時間に放送する映画を
好んで見ます。
読書もしますが、
偏った読み方です。
デジカメもPCも、初心者。
手作りすることは、
何でも興味あり。
ただ自分の作品を
作る時間はあまり無いです。
愛車は、無印良品の
H型フレーム自転車。
相当な悪天候でない限り、
乗っています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
神無月の3冊。
今年の秋は
短いんだか、無いに等しいのか?
秋を楽しむ間も無く、冬の気配に。

バタバタと慌ただしく読んだ3冊。

◎「いとしのヒナゴン」重松 清

上下巻の2冊。
この作者の本は、初読。
2005年に「ヒナゴン」のタイトルで
映画化されたそうで…知らなかった。
何でこの映画、当たらなかったのか?
本を読んでの感想は、非常に興味深く
色々とてんこ盛りの内容で。
収拾がつくんだろうかと心配したが、
ちゃんと2冊で無事収まっている。
この四方八方に広がりをみせる話は、
ドラマの方が意外に向いてるかも。
町長のイッちゃんのイメージは、
お笑いの宮迫さんか浜田さん辺りで。
(本当は他のキャストも想像済み!)
そんな雰囲気で読み進めたものだから、
かなりドタバタの面白い本だった。
因みに他1人だけバラしてしまうと…
日々お腹の調子が悪い弱気なドベさん役に
「芋洗坂係長」を推してみる。
自分的にはハマるキャストと思うんだが、
読破された方いかがだろうか?



◎「殺人を1パイント」アリサ・クレイグ
  宮脇裕子:訳

老婆が毒殺されたところから始まる、
シャーロット・マクラウドが別名義で
書いたシリーズ1作目。
主人公の女性と、その兄と…
騎馬警官隊警部の彼までは理解した。
でもその他大勢は、記憶できず
うろ覚えのままで、読み進む。
架空の街ではあるが、カナダが舞台で。
でも残念ながら私が行った事がある
オンタリオ州ではなかった。
けれどまぁ、行った当時に感じた
自然が多くて綺麗な所なんだろうと
想像しながら読む事が出来た。
多分、冊数を重ねれば他沢山の人々も
もう少し輪郭が浮かび上がってきて、
しっかりと憶えられるかもしれない。
セーラ・ケリングは、未読。
ピーター・シャンディは、読破。
同じ作者なのに登場人物が記憶できないのは
読破した時の年齢と集中力と関係するのか?
シリーズ物は心静めて、ゆったり読もうと
改めて思った1冊。

現在、箱ごと本をお借りしている方に
年内に返却を予定しているが…
思った様にサクサクは読めない。
未読分は、あと残り3冊と
読み始めたばかりの1冊。
次回の読破数が増えます様に!

blogram投票ボタン



【2010/11/04 22:30】 | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<竜潜月の4冊。 | ホーム | 10月1日~10月31日分。>>
コメント
このところいいお天気ではありますが、
なんだか肌寒いですね。
せっかくの秋が短いのは悔しいです。^^;

重松 清さんは一冊も読んだことないです。。
著作も多いし、映画化された作品も多いみたいですね。

外国の小説は登場人物がわかりにくいですよね。
私は若い頃からそうでしたよ。
しょっちゅう、登場人物の説明のページを見なおしながら読んだもんです。(^^ゞ
【2010/11/05 21:47】 URL | みのり #-[ 編集]
★みのりさん、今日は。
遅くなってすみません。

> このところいいお天気ではありますが、
> なんだか肌寒いですね。
空気の乾燥と共に、喉風邪が…。
多少寒い方が自転車日和ですけれども。

> せっかくの秋が短いのは悔しいです。^^;
何かね、紅葉が綺麗とか楽しむ暇も無く
冬に突入してしまいそうで忙しいですね。

> 重松 清さんは一冊も読んだことないです。。
え、みのりさんも。

> 著作も多いし、映画化された作品も多いみたいですね。
そうだったんですね、全く知らず。
名前だけなら聞いた事はあったんですが。

> 外国の小説は登場人物がわかりにくいですよね。
1番困るのは、愛称でしょうか。
突然、名前が短くなったりとか。
別の呼び方されると、誰だか分からず。
「愛称の短縮の法則」をご存知の方なら
訳も無く簡単な事でしょうけれども。
私には馴染みが無いので、困ります。

> 私は若い頃からそうでしたよ。
本当ですか?

> しょっちゅう、登場人物の説明のページを
> 見なおしながら読んだもんです。(^^ゞ
私はこの時、集中力が無かったのだと。
皮膚科で、泣き叫ぶ子供の声を聞きながら
読書したりするものですから。
字を目で追いつつ、頭に入ってない場合も
あったりして…。
推理物だと、知らないうちに知らない人が
犯人だったりして。
「この人、どこから出てたのかしら???」
なんて事もあったりします。
【2010/11/07 15:18】 URL | なま・けもの #-[ 編集]
こんな季節には本を読みたくなるこの頃ですなあ。

『いとしのヒナゴン』面白そうですね。
重松さんの本は面白そうだと思いながらもまだ読めてない…
今度こそは!ヽ(^o^)丿
【2010/11/11 10:17】 URL | ree #-[ 編集]
★reeさん、今晩は。

> こんな季節には本を読みたくなるこの頃ですなあ。
はい、読むに適した季節ですね。
でも風邪で横になってただけだろ!と突っ込まれても
否定はしません、全くもって。

> 『いとしのヒナゴン』面白そうですね。
reeさんなら、私より沢山の芸能人の方をご存知だから
もっとピッタリな人をキャスティング出来るかも。
いや自分の想像と、違いを比べるのも面白そうです。

> 重松さんの本は面白そうだと思いながらもまだ読めてない…
> 今度こそは!ヽ(^o^)丿
ただ…これはお借りしている本ですので。
reeさんにお貸し出来ないのが残念なのですよ。
他にこの作者はどんな話を書かれているのでしょう?
それさえ知らないってのは、かなり問題でしょうか???

ひとまず、風邪完治に頑張ります!
【2010/11/11 18:53】 URL | なま・けもの #-[ 編集]
重松清は新聞に連載していた
小説を一つだけ読んだことがあり
ます。
『エイジ』だったか…違って
いるかも。読ませる内容でした。
『ヒナゴン』もタイトルだけは知って
いました。
なまさんがドラマ化の際のキャス
ティングを考えられるくらいなので、
面白いのでしょうね。

コントなどで鍛えられているせいか、
芸人はタレントより演技力があると
思います。
落語家も演技が上手い人が多いです。
【2010/11/13 13:40】 URL | やしろ #-[ 編集]
★やしろさん、今日は。

> 重松清は新聞に連載していた小説を
> 一つだけ読んだことがあります。
新聞に連載も持っていたんですね。
我が家は新聞を取ってないので、
そういう情報には疎いです。

> 『エイジ』だったか…違って
> いるかも。読ませる内容でした。
> 『ヒナゴン』もタイトルだけは知って
> いました。
「…ヒナゴン」は、実在する地方の架空の
お話でしたよ。なので、その地方に
お住まいの方なら愛着が湧くかもしれません。

> なまさんがドラマ化の際のキャス
> ティングを考えられるくらいなので、
> 面白いのでしょうね。
はい、ただのSFじゃないんです。
小学生の発想力の低下から、老人問題、
地域活性化…さらに恋愛要素まで。
どの年齢のどんな方が読まれても、
どこかに当てはまる部分がありそうな。
そんな広範囲に多岐に亘る話が終息に
向かう時、寂しさが漂いました。
このドタバタ騒動が、いつまでも長く
続くようにと願いたくなる位。
ちょっと今までない体験でした。

> コントなどで鍛えられているせいか、
> 芸人はタレントより演技力があると
> 思います。
> 落語家も演技が上手い人が多いです。
映画化された時のキャストが私には、
大人しいイメージだったので。
もっと派手に、騒々しくしてくれそうな
方々が集うと楽しそうだなと思いました。
【2010/11/15 12:21】 URL | なま・けもの #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nk4411.blog47.fc2.com/tb.php/126-5e1d7bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。