FC2ブログ

プロフィール

なま・けもの

Author:なま・けもの
変な時間に放送する映画を
好んで見ます。
読書もしますが、
偏った読み方です。
デジカメもPCも、初心者。
手作りすることは、
何でも興味あり。
ただ自分の作品を
作る時間はあまり無いです。
愛車は、無印良品の
H型フレーム自転車。
相当な悪天候でない限り、
乗っています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今回の7冊。
今回も、7冊。
◎黒い家 貴志祐介
前に読んだ「十三番目の人格 -ISOLA-」は期待し過ぎて
いたせいか、あまり面白さを感じられなかった。
けれど作は、期待を裏切られることはなかった。
1999年日で映画化され、2007年に韓国でも映画化されている。
2008年4月に、この韓国版が日でも公開されたらしい。
自体は、生保が軸の話なので難しい部分もあるが面白く読めた。
それだけに「映画はどうなんだろう?」と興味が湧いてきた。
いつか日版・韓国版の両方を見比べてみたい。

◎ありがとうございません 檀ふみ
休日の朝、チャンネルを替えながら教育TVの「新日曜美術館」を
何気に見ることがある。
この上品な物腰の柔らかい女優さんが、書を書いたようには
思えないから不思議だ。
想像を絶するウッカリ具合に、意外性を見出せて毎回楽しい。

◎不発弾 乃南アサ
これは中毒に近い。作者名を見ただけで、手を伸ばしてしまう。
本作は短編集、読み易いのは勿論のこと。
その1つ1つ、どれを取ってもハズレが無い。
言うなれば「お遣い物につかう菓子折り」みたい。
どれも味わいが違って、粒揃い。

◎黄色い目の魚 佐藤多佳子
読み始めた頃、短編集なのかと思った。
口語調で綴られた、彼と彼女の日常が交わった時…
別々だった川の流れが、一気に海へ流れ出すような。
読後は、久々に絵を描いてみたくなった。

◎有栖川の朝 久世光彦
登場人物が憎めない。カワウソ婆さんが可愛らしい。
嘘で固めた日常を、切なさと危うさを絶妙なバランスで
書き切った1冊。

◎我らが隣人の犯罪 宮部みゆき
これも短編集。宮部みゆきの現代物はあまり手に取らないようにしていた。
けれども犬の表紙が可愛くて、勢いで購入してしまった。
悔しいくらい、面白かった。避けていたのが、恨めしい程。

◎淋しい狩人 宮部みゆき
こちらは、のらさんから頂いた物。
古本屋の店主と、その孫が事件解決する短編集なのだが。
古本から始まる事件という目の付け所が良い。
本屋にも行くし、本も読むが…本から生まれる事件について
考えたことがなかったので、斬新な切り口だと感じた。
血が通った魅力を持つ登場人物に惹かれる。



【2008/05/18 15:05】 | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<最近出会った人々。 | ホーム | 4月11日~5月12日分。>>
コメント
おや?テンプレートがさっきアジサイだった
気がしたんですが・・ちょうど変更中でしたか??

「黄色い目の魚」は私も最初は短編集だと思っていましたが・・違いましたね(^.^)
檀ふみさんのエッセイはreeさん推薦ですが、知的な女優というあの方のイメージを
見事に覆してくれ、そのぶっちゃけ具合にも感動を覚えました(笑)

有栖川の朝は、実際にあった事件をベースにしていながら、
メルヘンになっていて面白かったですね。

宮部さん作品、なまさんお好きだというので今度送る分にも入れる予定です。
(夢にも思わない という作品ですが、既読だったらお知らせください)
淋しい狩人は、古本屋が舞台というのが立ち読みした時に気に入って買ったんですよ(^.^)
【2008/05/18 16:01】 URL | のら #9rjWiv8.[ 編集]
のらさん、こんにちは!
その後、足の具合はいかがですか?
只今、梅雨時に向けてのテンプレを
探していたのですが…。
どうやっても要らない部分が追加されて、
自力では削除出来そうもなく。
(嗚呼、PC音痴の嘆き。)
あの紫陽花テンプレは使用を諦めました。
綺麗な写真で良かったんですけれどね。
とっても残念です。
「黄色い目の魚」は、場所が場所だけに。
知ってる地名がいくつかありました。
この本は確か「本屋大賞」でしたよね、
「Yahoo! JAPAN文学賞」というのもあるんですね。
http://bungakushou.yahoo.co.jp/2nd/index.html
先日知ったばかりなのですが… これも気になります。
だいぶ話題にもなった「乳と卵」の川上さんの本も、
いつか1度は読んでみたいです!
檀さんの「ATMでの話」が、特に面白かったですね。
「有栖川の朝」は、ラストが淋しいですが気に入りました。
実際の事件もカワウソ達が犯人なら、
良かったのかもしれないですね。
「夢にも思わない」という作品、未読です!
「淋しい狩人」は、店主が実に良い味わいを醸し出していて
まさに「古本屋さんの香り」とでも表現しておきましょうかね。
【2008/05/18 16:33】 URL | なま #AWx0G3Pk[ 編集]
本当に本が好きですね♪

僕も最近はお二人に影響されてチョコチョコ読んでいるのですが、
読む時間がとれない上、長編なので中々進まなず疲れましたが、
もうチョットなので頑張ります。

壇ふみさんの本には興味があります。
乃南アサさんや宮部みゆきさんの本も面白そうですね(^^)
自分でも色々探しているので、また読書の参考にさしてもらいます☆

では、また来ます!




【2008/05/20 01:02】 URL | 発破64 #WZAQo8Ek[ 編集]
発破64さん、もうすぐ読破ですか?
どんな作品を読まれているのでしょうか。
長編は…私の場合自分がその作品に
のめり込めないと、読んでいるのが苦痛に
なってしまいます。
初めて京極夏彦を手にした時は、かなり
不安でしたが。
あの作家のペースに飲まれて行くと、
徐々に読み易くなり。
かの辞書のようなノベルズでも、楽しく
読み切られるようになりました。
ただ移動中には持ち歩き辛いので、長編物は
「家読書用」にしています。
【2008/05/20 13:13】 URL | なま #-[ 編集]
僕は、移動は車がほとんどなので、
本は家用ばかりですねぇ。

読んでいるのは、訳:村上春樹の「ロング・グッバイ」です。
結構面白いのですが、ちょっと翻訳が
わざとらし過ぎな部分があるのが気になって、
読むのが遅れてしまってます。
ですが、あと少しなので頑張ります。

後は気晴らし?に昔、読んだ古典をちょこちょこ読んだりしてます。

本を公園とかいつもと違う状況で、
ゆ~っくりの~んびり読んでると良い気晴らしになりますよ。
ストレスたまると、たまにやってます。
【2008/05/22 00:46】 URL | 発破64 #WZAQo8Ek[ 編集]
★発破64さん、再び有り難う御座います!
いつだったか、たまたま売り出し日だった時
スーパーへ行ったら豪い混雑で…。
レジで並びながら、本を読んでいました。
私は自分以外で、レジで並びながら本を
読んでいる人を見たことがありません。
先日は、祖母の好物である「モスバーガー」
を注文し、出来上がるまで読書を。
今では「移動時・待ち時間=読書時間」
なので、本を手放せないのでした。
もう少し若かりし頃なら、読みかけの本と
お気に入りのカフェで「ひとりお茶」とか
してましたが、今は時間的に無理ですね。
【2008/05/22 16:40】 URL | なま #AWx0G3Pk[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nk4411.blog47.fc2.com/tb.php/13-4c6bbb14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。