プロフィール

なま・けもの

Author:なま・けもの
変な時間に放送する映画を
好んで見ます。
読書もしますが、
偏った読み方です。
デジカメもPCも、初心者。
手作りすることは、
何でも興味あり。
ただ自分の作品を
作る時間はあまり無いです。
愛車は、無印良品の
H型フレーム自転車。
相当な悪天候でない限り、
乗っています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
4月1日~4月30日分。
連休が
終わるとホッとする。

気だるさが残る、曇り空の下。

4月は、13本。
結構、少ない。
詳細は、以下に。

洋画、9本。
その中から4本。

◎「フォーン・ブース」(2002)
この映画を見たいと思い続けて、
やっと念願叶って見られた。
主人公は、ほぼ電話ボックス内に居て
どう物語が展開するのかを知りたかった。
同じ年に作られた「コール」や
「セルラー」(2004)が続いて暫くは
電話映画の流行が続くのかと思ったが、
これ以降の電話映画を私は知らない。
電話と言ったら携帯という程に普及する中、
あえて電話ボックスに挑戦した事と
コリン・ファレルの熱演を評価したい。

◎「アバウト・シュミット」(2002)
これを乗り物映画として数えるのは反則に近い。
確かにまぁ、キャンピングカーは出ていたが…。
主演が「ジャック・ニコルソン」だから見た。
さらに「キャシー・ベイツ」も居たから見た。
『シャイニング&ミザリーの狂演!!!』と
勝手に盛り上がっていたのだけれども。
そんな後世に語られる程に恐ろしい内容ではなく、
割と普通に「ごくありがちな良い話」だった。
ただ普通と違うのは、役者が上記の通りだから
この2人がどんなに素晴らしい役者なのかを
改めて思い知らされるハメに。
年配の男性の方が、感情移入し易いかもしれない。
ラストのジャック・ニコルソンの頬を伝う涙に
個々にどんな思いを見るのだろうか。

◎「トリコロールに燃えて」(2004)
どうしてだろう、この映画を見たかった理由が
思い出せなかった、どうやっても。
結果的には、見逃さないで良かった作品だった。
シャーリーズ・セロンがあの「モンスター」の後に
撮ったのかとは信じられない程の美貌。
ペネロペ・クルスも競演。
同性から見ても綺麗な2人だから、異性が見たら強烈?
衣装も凄く豪華で、見ごたえ十分!
ラストに向かって戦争時代に入るので、伊映画の
「マレーナ」(2000)に似たシーンもありで。
見ていて猛烈に面白い内容とは言えないが…
こちらは「潔い大人の女性向き」かも?

◎「天使と悪魔」(2009)
こちらは言わずと知れた、シリーズ物第2弾。
公開直後から1作目の方が良かったという声が
多かった気も無きにしもあらずだったが…
続き物だから、とりあえず押さえておくべしと。
つまらない作品ではないが、人様にオススメは
出来ればあまりしたくないというところ。
これは第3弾も続くという話を私は知らないが、
もうここで打ち止めが良い様に思う。
原作ファンなら必ず本だけでも、存分に楽しめる
内容なのではないのだろうか。

邦画、3本。
そのうち、2本。

◎「なくもんか」(2009)
この強烈な主演キャラの裏にある事実とは…。
前に見た「赤い文化住宅の初子」並みに、
不幸から始まるのに全く暗さは見えない。
強引過ぎる明るさで、吹き飛ばす。
ハムカツのソースの様に、ちょっと酸味のある
コッテリ、ドロッと系な、笑顔の連続。
背景にある物は不遇であるに違いないのに、
苦境を物ともしない、お人好しさ。
私にはちっとも泣ける部分は無かったけれども、
見終わった後に「満腹感」は味わえるかも。

◎「明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛。」(2010)
TV業界のアシスタント・ディレクター。
「新人女子ADさん奮闘記」の映画。
ちょっと松崎しげるや、マツコ・デラックスなど
本人役で現れる人々にも興味津々。
何より一見、普通が当たり前そうなTV局で
働いている人々の方が、普通じゃない本作。
TV局の裏側って、こんなに面白いものなのかと
錯覚したくなる作品だったりするかもしれない。

映画館で見た映画。
あの地震の後、映画館が閉鎖されていて
再び開館して暫く経ってから行った。

◎「ツーリスト」(2010)
多分この2人が主演じゃなくても、
背景にベニスが拝めるなら見に行く価値が…
私にはあるのだった。
アンジーのスタイルの良さには毎度ホレボレ。
だが今回は、彼女の睫毛の濃さに吃驚!!!
睫毛、激しく茂り過ぎ。
どうやったらそんなに植えられるんだか?
彼女の顔がアップになる度に、睫毛に集中。
増毛なのか?育毛なのか?睫毛???
ジョニデに関しては、次の海賊に向けての
おどけた演技が冴え渡って安定。
イタリア気分を満喫しようと思っていたのに、
アンジーの睫毛が気になったまま、上映終了。
やっぱりね、主演は別の人にしてもらって、
女優は睫毛少なめの人でもう1度見られるなら
ベニスの景色も楽しめる作品になったのかも?

今月の洋画も右往左往しつつ…
『アバウト・シュミット』に。
この作品を選ぼうなんて人は
あまり居ない気がするのであえて。
ジャック・ニコルソン好きな方には是非♪

邦画は、強引さに負けて…
『なくもんか』に。
阿部サダヲが居なければ、この作品は
成立しない…彼の独り勝ち!

blogram投票ボタン



【2011/05/09 19:10】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<書中お見舞い申し上げます | ホーム | 花飛の2冊。>>
コメント
「フォーン・ブース」とか「明日やること~」とか、
そんな映画があったことさえ知らなかったです。^^;
マニアックですね。^^

「ツーリスト」は私も見に行きましたよ。
素顔のジョニデの演技を見たのは初めてかも?
なのでちょっと物足りなかったりしました。^^;

アンジーの睫毛はそうでしたっけ?
もしかしたら見たときはそう感じたかもしれないけど、忘れてしまいました。

ラストがちょっと、とってつけたような感じで
あまり納得できなかった気がします。
【2011/05/10 16:15】 URL | みのり #-[ 編集]
★みのりさん、今日は!
「フォーン・ブース」は、ジャック・バウアー
こと、キーファー・サザーランドが出てます。
あれから「24」続けて見てますよ。
「明日やること…」は日テレ系の映画みたいです。
公開当時、スッキリで宣伝してましたから。

「ツーリスト」見に行かれたんですね。

素顔のジョニデ作品で、みのりさんにオススメは
「ギルバート・グレイプ」(1993)とか、
「ショコラ」(2000)とか、割と新しい物だと
「パブリック・エネミーズ」(2009)など。
他にもあるんですが、みのりさんの好みに
合うかどうか分からないので、外してみました。

兎に角、全編に…隙間なくギッチリと真っ黒な
睫毛に驚き、マッチどころか葉巻が乗せられそうな
豪快にゴージャスな睫毛に見入ってしまったのでした。
ラストは結局、本人だったのか?謎は謎のまま、
「アンジーの睫毛」にかき消されて行きました。
【2011/05/11 15:33】 URL | なま・けもの #-[ 編集]
なまさん、こんにちは。

「トリコロール…」と「明日やること…」は見てないです。
「明日やること…」は見てみたいなぁ^^。

「フォーン・ブース」の不運?な男。
「浮気なんかしてるから、罰が…」
驕っていると痛い目をみるハメになるのねぇ…

「アバウト・シュミット」の内容を思い出そうとして「最高の人生の見つけ方」とごちゃまぜになってしまいました^^;
ジャック・ニコルソンは、気難し屋のク○ジジイ、だけど何気に可愛い気のあるという役はすきです。

「天使と悪魔」は読んでから見た派です。

「なくもんか」。面白かったけれど、想像していたラストと違ってました。
いしだあゆみさんのぼけっぷりがやけに記憶に残っているのですが…
これを見た後、ハムカツを食べました。もちろnソースをつけてね^^。
【2011/05/17 13:02】 URL | wata #6/34PU6.[ 編集]
★わたさん、今晩は。
遅くなって、すみません。

そうそう「フォーン・ブース」。
携帯が普及してる中でも電話ボックスが
必要な人々って、やっぱり少なからず
居るんだなぁと改めて思ったりしましたね。
我が家の近所では何年か前までは、
何所の国の人か分からない男性が、
公衆電話で国際電話でもしていたのでしょう。
もの凄い長電話で、買物に行って帰宅途中に
見かけてももまだ話していました。
その姿も今は見ないので、携帯を持ったのかも。

「最高の人生の見つけ方」は、去年見た中でも
特に私が好きな作品だったので、憶えています。
人生の終わりを目前に病院を抜け出し、
旅行に出かけたりする2人のオジサンですが。
最終的には自分の家族の元が1番の幸せだと
気付かせてくれる友情の話でしたね。
ちょっと省略し過ぎたでしょうか?
モーガン・フリーマンが出てるのが、
上記の映画だと記憶すれば間違いないです!

「アバウト・シュミット」もオジサンの映画ですね。
こちらは退職した後のオジサンの話で。
奥さんや娘さんの事で苦労したりもするのですが、
自分を必要としている人物は、意外にも自分の方でも
かなり必要としている事に気付きます。
そこに辿り着くまでのジャック・ニコルソンが
今までに見た事が無く、自然に普通のオジサンで
とても好感が持てました!

「天使と悪魔」、読まれたんですね。
最初の「ダヴィンチコード」も未読で。
読んでみたいけれども手が出なくて、
何となく専門用語が多そうで難しそう?
映画で見る分には、そうでもないですけど。

「なくもんか」は、いしだあゆみさん。
あんなに可愛らしいお婆ちゃんって居ないですよね。
この映画は見ながら、画面から揚げ油の香りが
漂ってるんじゃないかと思う位に空腹になりました。
秘伝のソースの発酵臭も気になるところです。

発酵といえば、その後のお味噌はいかがですか?
順調に育って、美味しく仕上がると良いですね♪
【2011/05/18 21:52】 URL | なま・けもの #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nk4411.blog47.fc2.com/tb.php/139-69711f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。