プロフィール

なま・けもの

Author:なま・けもの
変な時間に放送する映画を
好んで見ます。
読書もしますが、
偏った読み方です。
デジカメもPCも、初心者。
手作りすることは、
何でも興味あり。
ただ自分の作品を
作る時間はあまり無いです。
愛車は、無印良品の
H型フレーム自転車。
相当な悪天候でない限り、
乗っています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
10月29日~11月30日分。
ついに12月に入り…
もう更新は無理かもと諦めかかっていて。
でもまぁ、読んで下さる方々に少しでも喜んで頂ければと
「気力」で頑張ります!

見た映画は9本。
1ヶ月で、9本はそんなに多くはないですね。
相変わらずの予約失敗が続出したこともありますが。
今回は特に酷い。
録画したい局と違う局の別の番組が入っていて。
猛烈にショックでしたね。
モウロクは、とめどなく???

あ、1本録画して見てない…。
このまま重ね録りして、葬りさられてしまう運命かも。

「ジョンQ 最後の決断」(2002)
デンゼル・ワシントンが出ている映画でも、特に好きな作品で。
何ともやりきれなく切なくて、同じ怒りと悲しみを毎回感じて。
で、今回注目したのは老警部役のロバート・デュヴァル。
この顔、割によく見る顔だなぁと思っていた。
作品名は思い出せなくとも、この顔を見れば何処かで見た!と
確信が持てるのであった。
検索してみれば「ウォルター少年と、夏の休日」に出演。
この映画も好きで…あの時のお爺さんかと。
頬の痩せこけ方も、スラックスのダブつき加減も良い!
これから先、また色々な作品の中で、彼を見つけたい。
ちなみにジョンQは、何度見たか忘れた。
でも多分、何度放送されても何度でも見る。

「ブレイド2」(2002)
これは、もの凄い嬉しかった!
前回録画を失敗して、尻切れになっていたので。
ラストまで見られたのは、初めてだった。
こういうラストシーンだったのかと納得。
映画冒頭で、人間が血を売りに行く血液バンクがある。
確かこの映画を見たのは、ハロウィンの後だったか。
実際にドイツだったかで、吸血鬼のコスプレで
献血を促す催し物があったとか。
日本でもよく冬になると、血液が不足していますとか
プラカードを持っている献血車の方を見るので。
協力してあげたいなぁとは思うのだけれど…
私の血管は半端なく出難いので、血を採る前に
腕が穴だらけにされる可能性がかなり高い。
でも「ハロウィンにコスプレで献血」なんて
楽しそうで良いアイデアだと思った。
黒いサングラスに角刈りで、背中に刀を背負ってる人は
少なそうなので目立つかも???

「ユナイテッド93」(2006)
見たい映画だった。
この事件がニュースで流れた時、映画かと思った。
いや、現実であって欲しくないという気持ちから。
映画なら良いのにと、願って止まなかった。
快適で楽しいはずの空の旅が…一変。
ジワジワと、息詰まる緊張感。
自分がその時、その場所で一緒に体感している様な。
そんな錯覚さえしてしまいそうで。
突然暗転し、ブツ切れるフィルム。
ナレーターの声と、当時の説明文。
リアル過ぎて、ニュース映像が蘇る。
映画が終わった後も、ただボンヤリと画面を見つめ続けていた。

「オーメン」(2006)
最初のオーメン(1976)は、何年か前に見たばかりで。
今回リメイク版を見てみた。
どうだろう?初めにリメイク版を見ていたら
また違った感想だったかもしれない。
私には、1976年版の方が印象に残っているようで。
ちょっとインパクトが薄い作品だったように思う。

「プレデター」(1987)&「プレデター2」(1991)
これよりも前に「エイリアンVSプレデター」(2004) を見ている。
「プレデター」を見たのは、今回が初めて。
面白い映画であったか?と問われると答えに詰まる。
戦争のスペシャリストの様な役のシュワルツェネッガーと
プレデターが戦っても見ていて安心感?があるというか。
人間臭さがあって共感できるという部分では「2」の方が。
高所恐怖症の刑事であったりとか、バスルームから突然
出て来るプレデターとか個人的に「2」の方が楽しめた。
やっぱり「エイリアン」シリーズの方が私には合っているのかも。

今年も残すところあと僅か…
一体このブログを何回年内に更新できることか。
我ながら想像もつかない状態です。


blogram投票ボタン



【2008/12/04 18:00】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<読書の捗らなかった11月の1冊。 | ホーム | 休暇願い>>
コメント
「ブレイド2」は私も好きな映画です。3はちょっと残念な出来ですが2は面白いです。最後の女吸血鬼もいいですよね。
プレデターも記憶が少し朧げですが、2の方がよかったです。
「オーメン」は旧作しか観てないですね。
先日テレビで新作がやっていて、初めて新作の存在を知りました。
【2008/12/06 00:20】 URL | tekitou9999 #-[ 編集]
★適当さん、今晩は。
まさか年内に「ブレイド2」が見られるなんて。
本当に見られた事は、ラッキーでした!
しかし何故この時期に?という謎は
残ったのですが。
ブレイドの仲間のお爺さんが救出され、
復活したのも「2」の見所ですよね♪
【2008/12/07 21:57】 URL | なま #-[ 編集]
リングはみたことあります。
ハリウッド版を映画館で見た時には、隣の4人組小学生が、指さして笑っていたので、ぜんぜんこわくありませんでした。

ユナイテッド93などの、実際に起こったものを題材にしている映画を見ると、胸が詰まる思いになります。

【2008/12/08 13:53】 URL | ree #-[ 編集]
★reeさん、今晩は!
リングの恐さと、オーメンの恐さは
似ている様で、違うかも…。
どっちかと言えば、オーメンの方が
残酷さを売りにしていて。
後々呪い続けられそうなのは、
リングかもしれないです。
これは、私個人の感想ですが。
他の方はどんな風な感想を持たれて
いらっしゃるのでしょうね???
ユナイテッド…も本当に見られて
良かったなぁと思います。
誰が良いとか誰が正しいとかより、
もっと色々な事を色々な角度から
考えさせてくれる映画でした。
【2008/12/09 20:00】 URL | なま #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nk4411.blog47.fc2.com/tb.php/59-a6a04641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。