プロフィール

なま・けもの

Author:なま・けもの
変な時間に放送する映画を
好んで見ます。
読書もしますが、
偏った読み方です。
デジカメもPCも、初心者。
手作りすることは、
何でも興味あり。
ただ自分の作品を
作る時間はあまり無いです。
愛車は、無印良品の
H型フレーム自転車。
相当な悪天候でない限り、
乗っています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
9月26日~10月28日分。
やっと♪
映画が面白くなってきた!
いや、面白い映画が見られた!

来月もそうであってくれると
「嬉しいなぁ」と心から願う。

前回、便利になったと書いた
「GyaO」について、チラッと。
便利なのは変わらないのだが、
困った事が1つあって…。

見たい映画を予約すると安心して、
見忘れてしまうのであった。
なので、見忘れが何本も出てしまい
かと言って、予約しないですぐに
見るのも難しく…。

これを上手く使い、見損ねを
減らす方法は無いだろうか?と考える。

今回は、9本の中から選択。
洋邦共に、割りとバランス良く
見られた方かもしれない。

いつもの様に洋画から。

◎「デーヴ」(1993)
シガニー・ウィーバー出演で、
見る事を決めた作品。
最初は笑わせるんだが、段々と
涙が溢れて止まらなくなって。
しかも全てが、良い涙。
憧れだったり、感動だったり。
純粋さだったり…。
日本の首脳陣にも、こんな人が
存在するのならば、私ももっと
政治に興味を持てる事だろう。
シガニーは、ファーストレディー役。
冷たい目線から温かい笑顔に変わる時、
可愛らしい女性らしさが見えて◎。
泣き笑いに多忙になりたい方、必見!

◎「バーバー」(2001)
新しい映画なのに、モノクロの作品。
だからなのか、漂う雰囲気が良い。
全てを見せない事で、想像力は増幅。
例えば、川に向かって落とした石は
多分真っ直ぐに沈むけれど…。
小さく千切ったトイレットペーパー
だったらば、どうだろう?
何処へ落ちるかも分からないし、
水が染み込んで沈むより前に、
溶け出してしまうかもしれない。
この主人公が踏み出した1歩は、
何処へどう到達するのか。
淡々と、見せる作品。
受賞多数の作品に対しての例えに、
トイレットペーパーを持ち出す私って?
相当に失礼なのだろうか…。

◎「姉のいた夏、いない夏」(2000)
上記のシガニーに同じく、彼女の
映画公開に伴っての放送。
こちらは「私の中のあなた」の
キャメロン・ディアス。
(シガニーの「アバター」は12月公開!)
うんんん…これってどうなんだろうか?
内容としては、あまり好きな話ではない。
ただ唯一良かったのは、VWタイプⅡが
キャメロンを助けに、チラッと活躍?

◎「コンフェッション」(2002)
監督がジョージ・クルーニーで、話題性は
あったものの…何故か深夜枠で放送。
実話を基にして作られたとなっているが、
こんな人生を本当に送っていたのなら…
相当に「特殊で奇抜な人」である。
こんな私に「風変わりだ」とは言われたくも
無いだろうけれど。
良くも悪くも「今までに無い感じ」である。
この映画で唯一良かったのは…勿論、
サム・ロックウェルの適当さ加減!+
VWタイプⅡが左から右に通り過ぎた所♪
あと『宝探し的』に楽しめる部分もあり!
「ブラピ+マット・デイモン」が何気に
出演しているのに「オーラ大」だったり。
誰が何処で出てるのかを当ててみては?
私は「レネー・ゼルウィガー」を見た気が
するんだが…詳細は映画で確認を。

ここからは、邦画。

◎「秋桜」(1997)
これも特に見たい理由が無かったんだが、
他に見るものが無くて録画したら泣いた。
主演2人の女優は若さゆえなのか?
若干ワザとらしく強引な部分も…。
しかし、脇を固める俳優陣が良かった。
宍戸錠が割に嫌な役だったり、
山岡久乃が良いお婆ちゃん役だったり。
(彼女の最後の映画がこれだったらしい)
何よりも、夏木マリが強い!
精神的な強さは、家族を守りたい一心から
という事を体で表現していた。
台所で背を向けて嗚咽するシーンが
激しく心揺さぶられてしまい…こちらも
嗚咽せざるをえない状態に。
最終的には、色々と考えさせられたし
見られて良かった作品だった。

◎「憑神」(2007)
妻夫木聡、主演!と書くべきなんだが。
いや、間違いではないのだけれど。
私が注目したのは、西田敏行。
(12月で「釣りバカ」も最終回)
狸親父と呼ぶには、ピッタリの体躯。
そこに現れるだけで、和ませる雰囲気。
ここではチョイ役だったが、存在感は
バッチリ脳裏に焼きついた。
シリーズとして同じ役を続けるのも
良いけれど、そのイメージがいつも
ついて回ってしまうので。
新・西田敏行にも期待したい!
で、映画は…最後に原作者のお顔が
拝顔できるオマケ付き。
「浅田次郎らしい」ラストかな?

◎「ザ・マジックアワー」(2008)
『映画、好きで良かった…』としみじみ
つぶやかせてしまう作品。
ズルイよ!と地団駄を踏んでいる所に、
さらに輪をかけて落とし穴に落ちた様な。
「くぅ~嵌めやがって!」と悔し涙を
飲んでいる観客を前に、監督は独り
静かに喜んでいたりして???
あまりに上手過ぎて、頭に来る位!
佐藤浩市のコッテリ系の顔立ちは、
あまり私のタイプではないのだが。
(お父さんの三國連太郎は好き!
「オジさん好き」なんですね、私)
逆にそのコッテリ感を上手く利用して、
まさに「当たり役」だった。
ここでも妻夫木聡&西田敏行が見られて
これがまた、楽しい!
昔あった撮影所の気配を漂わせつつ…
人を笑わせながら引き込んでしまう手腕。
脇役にも絶対に手を抜かない細かさ、
そこから生まれる完全無欠の三谷ワールド。
これ以上書いても、キリが無いから止める。

今月の邦画は、憎たらしい程に面白かった
上記の「ザ・マジックアワー」に決定。

洋画は「バーバー」をあえて外して…
幸せな気分にさせてくれる「デイブ」を!

何より今回の映画で、VWのタイプⅡが
何度も見られた事が収穫だった。
「ザ・マジックアワー」なんて、頭から
最後までずっと映画に出ていたし。
マフィアが、シトロエン2CVに乗って
登場し、中から5人も降りてきたのに驚き。
その後、銃撃戦によって2CVが蜂の巣に
されるシーンは目を覆いたくなったし。
妻夫木聡がCM撮影スタッフに、声を
かける時、タイプⅡのドアの窓がシャッと
スライドしたのを見逃さなかった。
あの窓をスライドさせるのって実は…
あんなにスムーズに開けるのって
私には難しいのだった。

何だか車の話ばかりになってしまったが、
これには我が家の諸事情があって。
またいつか、話せる時が来たらここに
書いてみようかと思う。

blogram投票ボタン




【2009/10/28 13:20】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<10月末までの3冊。 | ホーム | 晩夏から初秋の数冊。>>
コメント
あまり気にしてなかったのですが、観ているといつのまにか引き込まれますね~

おもしろかったです。
【2009/10/30 13:16】 URL | ree #-[ 編集]
★reeさん、再び有り難う御座います!

> あまり気にしてなかったのですが、観ているといつのまにか引き込まれますね~
三谷ワールドって、何でしょうねあの不思議な魅力。

> おもしろかったです。
そうなんですよ、そこなんですよね…
あんまり悔しいんで、三谷映画は売れなくなるまで
映画館では見ないことにします!!!
これって、宣戦布告でしょうか?
いや、ただの負け惜しみです。
というより、私が映画館へ足を運ぶ方が
滅多に無い事なんですけれどね。
【2009/10/30 16:23】 URL | なま・けもの #-[ 編集]
「憑神」と 「ザ・マジックアワー」を映画館で見ました。
どちらも妻夫木くんが出てますね。
今は大河ドラマを見てるし、わりと好きな俳優さんかも。(^-^)

最近、見たい映画があまりなくて、しばらく映画館に行ってないです。


【2009/10/31 09:14】 URL | みのり #-[ 編集]
★みのりさん、今日は!
だいぶ秋も深まり、いよいよ晩秋に突入ですね。

> 「憑神」と 「ザ・マジックアワー」を映画館で見ました。
両方、映画館で見られたんですね!

> どちらも妻夫木くんが出てますね。
はい、たまたまそうなっていました。

> 今は大河ドラマを見てるし、わりと好きな俳優さんかも。(^-^)
私は最初、時代劇に彼は…と思っていたんですが
やはりNHKを見てると段々見慣れてきました。
なので「憑神」での鎧姿を違和感無く見られましたね。

> 最近、見たい映画があまりなくて、しばらく映画館に行ってないです。
私は12月から来年4月位までの間に見たい映画があって、
それを見に行けたらなぁと思っています。
まずは12月を予定に入れてみましたよ!
【2009/10/31 14:42】 URL | なま・けもの #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nk4411.blog47.fc2.com/tb.php/98-ec1f9c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。